2022年9月6日

一般財団法人 上月財団は、2022年9月5日(月)、パレスホテル東京(丸の内)に於いて、2022年度「上月スポーツ選手支援事業」認定式・「上月スポーツ賞」表彰式 並びに 設立40周年記念式典を開催しました。

本財団は、1982年に「日本の将来は教育にあり」という理念のもと発足、これからの社会を担う若者たちのためという当初からの篤い想いをもってスポーツ・教育・文化の振興と発展を目的に事業を推進し、本年で設立40周年を迎えました。
設立40周年記念式典に先立って、2022年度「上月スポーツ選手支援事業」認定式・「上月スポーツ賞」表彰式を行いました。

21回目を迎える「スポーツ選手支援事業」は、今後の活躍が期待されるスポーツ選手や指導者に対して競技能力の向上を図り、スポーツ活動に取り組める環境を整えるためのサポートをするものです。
今回の認定式では、水泳・体操・柔道・スキー・スケート・陸上・バレーボール・卓球・テニス・バドミントン・フェンシング・スポーツクライミング・eスポーツの計13競技から選考委員会により選定されたジュニア選手を含む77名を支援対象者として認定しました。

はじめに東尾公彦専務理事(「スポーツ選手支援事業」選考委員長)のご挨拶があり、ご来賓のスポーツ庁 次長 角田喜彦様、公益財団法人日本オリンピック委員会 会長 山下泰裕様よりご挨拶を賜りました。
次に、東尾専務理事からひとりひとりに認定書が授与され、支援対象者を代表して吉岡咲選手(卓球)より、誓いの言葉が述べられました。

認定された選手の方々には、次代を担うトップアスリートとして競技能力の更なる向上を目指し、財団より一年間、年額60万円を助成します。

2022年度「上月スポーツ賞」表彰式
上月財団 設立40周年記念式典


東尾専務理事ご挨拶
(東尾専務理事ご挨拶)
ご来賓ご挨拶
(ご来賓ご挨拶)
ご来賓ご挨拶
(ご来賓ご挨拶)
認定書授与 浅尾萌々香選手
(認定書授与 浅尾萌々香選手)
認定書授与 壷井達也選手
(認定書授与 壷井達也選手)
誓いの言葉 吉岡咲選手
(誓いの言葉 吉岡咲選手)
一般財団法人[非営利型]上月財団は、コナミグループ株式会社の創業者で代表取締役会長を務める上月景正によって設立され、40年にわたるあゆみを通して、スポーツ・教育・文化の振興と発展、並びにより良い社会の形成等、公益の増進を目的とする事業を展開しています。
[ スポーツ選手支援事業に戻る ]