2020年12月8日

一般財団法人 上月財団は、「スポーツ団体・競技大会助成事業」の一環として、2020年12月3日(木)から12月6日(日)まで東京アクアティクスセンターで開催された「第96回日本選手権水泳競技大会 競泳競技」を後援しました。

本大会は、歴史と伝統を誇る日本国内最高峰の水泳競技大会で、日本競泳界におけるトップアスリートが一堂に会し各種目で頂点を競い合うことから、国内外を問わず注目されています。当初は4月に行う予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて延期され、この度、感染対策を徹底した上で開催することとなりました。

当日は緊張感のある白熱したレースが展開された結果、 本財団がこれまでに支援を行ってきた「スポーツ選手支援事業」認定選手の塩浦慎理選手(男子50m自由形)、竹田渉瑚選手(男子800m・1500m自由形)、佐藤翔馬選手(男子100m平泳ぎ)、渡辺一平選手(男子200m平泳ぎ)、本多灯選手(男子200mバタフライ)、萩野公介選手(男子200m・400m個人メドレー)、渡部香生子選手(女子100m・200m平泳ぎ)、相馬あい選手(女子100mバタフライ)、清水咲子選手(女子400m個人メドレー)が優勝しました。
その他の種目を含む大会結果につきましては、公式サイトをご確認ください。

一般財団法人 上月財団は、本大会の後援を、2008年度から行っており、今回で13回目となります。
本大会の後援を通じて、水泳競技の更なる発展につながることを願っています。

大会概要

大会名称
第96回日本選手権水泳競技大会 競泳競技
期日
2020年12月3日(木)~12月6日(日)
会場
東京アクアティクスセンター
東京都江東区辰巳2丁目2番1号
主催
公益財団法人 日本水泳連盟
主管
公益財団法人 東京都水泳協会
後援
一般財団法人 上月財団
競技種目
28種目:男子14種目・女子14種目
 自由形(50m、100m、200m、400m、800m、1500m)
 背泳ぎ(100m、200m)
 平泳ぎ(100m、200m)
 バタフライ(100m、200m)
 個人メドレー(200m、400m)
放送
NHK総合
一般財団法人[非営利型]上月財団は、コナミホールディングス株式会社の創業者で代表取締役会長を務める上月景正によって設立され、35年以上にわたるあゆみを通して、スポーツ・教育・文化の振興と発展、並びにより良い社会の形成等、公益の増進を目的とする事業を展開しています。
[ スポーツ団体・競技大会助成事業に戻る ]