2021年10月20日

一般財団法人 上月財団は、公益財団法人 日本卓球協会の創立90周年に際し、多年にわたる協会への貢献が評価され、感謝状が授与されました。

この度の授与は、協会の発展並びに卓球界のために貢献・功績・功労のあった個人及び団体を表彰するもので、2011年12月に続いて2度目になります。(詳細はこちら

本財団は、日本を代表し、将来が期待されるスポーツ選手・指導者に対して競技能力の向上を図り、スポーツ活動に打ち込める環境を整えるための支援を行う「スポーツ選手支援事業」で、2009年度からこれまでに延べ65人の卓球選手へ助成しており、その中から、オリンピック競技大会・世界選手権大会等で優秀な成績を収めた延べ28人を「上月スポーツ賞」で表彰しました。

また、スポーツ競技統括団体等が実施する国際的または全国的規模の大会や競技会の開催に対して助成する「スポーツ団体・競技大会助成事業」では、2010年度から全日本卓球選手権大会、ジャパンオープン荻村杯を助成しています。

一般財団法人 上月財団は、今後もスポーツ・教育・文化の振興と発展、並びにより良い社会の形成等、公益の増進を目的とする事業に取り組んでまいります。


2019年度「上月スポーツ賞」表彰式 記念撮影
2019年度「上月スポーツ賞」表彰式
伊藤美誠選手・早田ひな選手・吉村真晴選手

全日本卓球選手権大会
「スポーツ団体・競技大会助成事業」
全日本卓球選手権大会

感謝状
感謝状

一般財団法人[非営利型]上月財団は、コナミホールディングス株式会社の創業者で代表取締役会長を務める上月景正によって設立され、35年以上にわたるあゆみを通して、スポーツ・教育・文化の振興と発展、並びにより良い社会の形成等、公益の増進を目的とする事業を展開しています。
[ 財団のご紹介に戻る ]