2021年6月7日

一般財団法人 上月財団は、「スポーツ団体・競技大会助成事業」の一環として、2021年6月5日(土)から6月6日(日)まで高崎アリーナで開催された「第75回全日本体操種目別選手権」を後援しました。

本大会は、2021年度の全日本体操競技種目別チャンピオンを決定する競技会です。タイトル争いのみならず、第32回オリンピック競技大会(2020/東京)、その他国際大会の日本代表が本大会の競技結果をもとに選考されることから重要な大会の一つとして国内外から注目されており、この度、感染症対策を徹底した上で開催されました。

4~5月に開催された全日本体操個人総合選手権およびNHK杯体操で行われた競技の各種目上位24選手が集結、2日間にわたり技を競い合った結果、本財団がこれまでに支援を行ってきた「スポーツ選手支援事業」認定選手の神本雄也選手(男子つり輪)、田中佑典選手(男子平行棒)、杉原愛子選手(女子ゆか)が優勝し、北園丈琉選手(男子団体)と内村航平選手(男子鉄棒)が「第32回オリンピック競技大会(2020/東京)」日本代表に内定しました。
出場選手につきましては、公式サイトをご確認ください。

一般財団法人 上月財団は、本大会の後援を、2009年度から行っており、今回で13回目となります。
本大会の後援を通じて、体操競技の更なる発展につながることを願っています。

大会概要

大会名称
第75回全日本体操種目別選手権
「第32回オリンピック競技大会(2020/東京)」日本代表選考競技会
「第50回世界体操競技選手権大会」日本代表選考競技会
期日
2021年6月5日(土)~6月6日(日)
会場
高崎アリーナ
群馬県高崎市下和田町4丁目1-18
主催
公益財団法人 日本体操協会
主管
群馬県体操協会
後援
高崎市
公益財団法人 高崎財団
一般財団法人 上月財団
協賛
テーブルマーク
日本航空
三菱地所
明治
ミズノ
セイコーホールディングス
シミズオクト
セノー
東武トップツアーズ
放送
日本テレビ
一般財団法人[非営利型]上月財団は、コナミホールディングス株式会社の創業者で代表取締役会長を務める上月景正によって設立され、35年以上にわたるあゆみを通して、スポーツ・教育・文化の振興と発展、並びにより良い社会の形成等、公益の増進を目的とする事業を展開しています。
[ スポーツ団体・競技大会助成事業に戻る ]