2020年3月27日

一般財団法人[非営利型]上月財団は、「スポーツ団体・競技大会助成事業」の一環として、2020年2月15日(土)から2月16日(日)まで東京辰巳国際水泳場で開催された「第36回コナミオープン水泳競技大会」を後援しました。

本大会は、公益財団法人 日本水泳連盟の公認大会として、小学生から日本代表選手までが同じ舞台で競うことが出来る国内有数の水泳競技大会です。
「スイミングクラブに通う全てのスイマーの祭典」として、日本を代表するトップスイマーを筆頭に、全国各地の学校やスポーツクラブ、スイミングスクールで練習を積み、厳しい標準記録を突破したおよそ900人の選手が、2日間にわたって熱戦を繰り広げました。
また、今後の活躍が期待される「ネクストジェネレーション枠」として、20名以上の選手が出場したほか、今年も小・中・高校生の「ジュニア決勝」を実施し、それぞれの年代のジュニアスイマーたちがタイムを競いました。

本大会には、本財団がこれまでに支援してきた選手が出場し、女子200mバタフライ・400m個人メドレーで優勝した大橋悠依選手、男子200m平泳ぎで優勝した佐藤翔馬選手が、それぞれ女子最優秀選手と男子最優秀選手に選出されました。
その他の種目を含む大会結果につきましては、公式サイトをご確認ください。

さらに本財団が実施する「クリエイター育成事業」の第16回(2019年度)認定者 仲井間愛乃さんによる、今トップスイマーとして活躍している選手から次世代を担うジュニア選手へバトンをつなぐことを表現した「未来へつなげ」が大会スローガンに採用されました。
本財団の「クリエイター育成事業」につきましては、こちらをご覧ください。

一般財団法人[非営利型]上月財団は、本大会の後援を、2006年度から行っており、今回で14回目となります。
本大会の後援を通じて、水泳競技の更なる発展とジュニア世代の強化・裾野拡大につながることを願っています。

第36回コナミオープン水泳競技大会
(大会の様子)
第36回コナミオープン水泳競技大会
(大会の様子)
第36回コナミオープン水泳競技大会スローガン
仲井間さんによるスローガン「未来へつなげ」が掲載された今大会のメインビジュアル

出場選手

本大会には、本財団がこれまでに支援してきた選手が出場しました。
また、過去に開催された「コナミオープン水泳競技大会」においても、優秀な成績を収めています。

氏名 所属 出場種目 過去の主な成績
青木 智美 ATSC.YW
あいおいニッセ
女子100m・200m自由形 KONAMI OPEN 2019
 女子100m自由形優勝
青木 玲緒樹 ミズノ 女子50m平泳ぎ優勝
女子100m平泳ぎ優勝
女子200m平泳ぎ
KONAMI OPEN 2019
 女子50m平泳ぎ優勝
 女子100m平泳ぎ優勝
KONAMI OPEN 2017
 女子100m平泳ぎ優勝
赤瀬 紗也香 ANAAS 女子100m・200m背泳ぎ  
赤嶺 梨緒 コナミ西宮 女子400m・800m自由形  
荒井 悠太 アクラブ稲城
八王子高校
男子50m平泳ぎ
男子100m平泳ぎ 高校生の部 優勝
男子200m平泳ぎ 高校生の部 優勝
男子200m個人メドレー
 
荒木 祥花 MTR 女子200m自由形
女子200m背泳ぎ
 
石川 愼之助 日本大学 男子50m・100m・200mバタフライ
男子4×50mメドレーリレー優勝
KONAMI OPEN 2019
 男子100mバタフライ 高校生の部 優勝
泉原 凪沙 コナミ林間 女子50m・100m背泳ぎ
女子200mバタフライ
KONAMI OPEN 2019
 女子50m背泳ぎ 高校生の部 優勝
 女子200mバタフライ 高校生決勝優勝
今井 月 東洋大学
コカ・コーラ
女子200m平泳ぎ
女子200m個人メドレー
KONAMI OPEN 2019
 女子200m個人メドレー 高校生の部 優勝
梅本 雅之 レッドクイーン 男子100m・200mバタフライ  
江沢 陸 ルネサンス幕張 男子1500m自由形
男子200mバタフライ
 
大内 紗雪 日大藤沢高校
ダンロップSC
女子50m・100m自由形
女子50mバタフライ高校生の部 優勝
KONAMI OPEN 2019
 女子100mバタフライ 高校生の部 優勝
 女子4×50mフリーリレー優勝
大川 生流 イトマン新百合
男子100m・200m平泳ぎ
男子200m個人メドレー
 
大久保 琳太郎 NOK 男子50m・100m・200m平泳ぎ  
大塚 美優 スウィン大宮 女子400m個人メドレー  
大橋 悠依 イトマン東進 女子200mバタフライ優勝
女子400m個人メドレー優勝
KONAMI OPEN 2019
 女子200m個人メドレー優勝
 女子400m個人メドレー優勝
KONAMI OPEN 2018
 女子400m個人メドレー優勝
岡田 侑奈 コナミ三田 女子50m・100m・200m平泳ぎ  
川本 武史 TOYOTA 男子50m背泳ぎ優勝
男子50mバタフライ
男子100mバタフライ優勝
 
岸田 真幸 ツカサドルフィ
男子50m・100m自由形
男子50m・100mバタフライ
 
桐山 真葵 マリン西新井 男子100m自由形 中学生の部 優勝
男子200m自由形 中学生の部 優勝
男子400m自由形
 
小長谷 研二 FSEM 男子50m・100m自由形  
小林 良 フロンティア 男子50m・100m平泳ぎ  
阪本 祐也 東洋大学 男子50m・100m・200m
バタフライ
 
佐藤 翔馬 東京SC
慶応義塾大学
男子100m平泳ぎ
男子200m平泳ぎ優勝
 
塩浦 慎理 イトマン東進 男子50m自由形優勝
男子100m自由形
 
柴田 夏海 コナミスポーツ 女子200m・400m自由形
女子4×50mメドレーリレー優勝
 
菖池 竜輝 コナミスポーツ 男子400m・1500m自由形 KONAMI OPEN 2019
 男子400m自由形 高校生の部 優勝
関 海哉 日本大学 男子50m・100m自由形
男子4×50mメドレーリレー優勝
 
瀬戸 大也 ANA
JSS
男子200m自由形優勝
男子100m平泳ぎ優勝
KONAMI OPEN 2019
 男子200mバタフライ優勝
 男子400m個人メドレー優勝
KONAMI OPEN 2018
 男子400m個人メドレー優勝
KONAMI OPEN 2017
 男子400m個人メドレー優勝
相馬 あい 中京大学 女子50mバタフライ優勝
女子100mバタフライ
KONAMI OPEN 2019
 女子100mバタフライ優勝
髙安 亮 コナミスポーツ 男子50m・100mバタフライ  
辰巳 海斗 コナミスポーツ 男子200m自由形  
田積 帆乃果 大阪水泳学校
女子100m・200m平泳ぎ
女子400m個人メドレー
KONAMI OPEN 2019
 女子200m平泳ぎ 中学生の部 優勝
長尾 佳音 東京SC 女子50m自由形
女子100m自由形 高校生の部 優勝
女子200m自由形 高校生の部 優勝
 
中村 葵 枚方SS
近畿大学附属高
女子400m自由形 高校生の部 優勝
女子800m自由形
KONAMI OPEN 2019
 女子400m自由形 高校生の部 優勝
萩野 公介 ブリヂストン 男子200m・400m個人メドレー KONAMI OPEN 2016
 男子400m個人メドレー優勝
 男子200m背泳ぎ優勝
花車 優 東洋大学 男子100m・200m平泳ぎ  
平井 彬嗣 郵船ロジスティ
クス
男子400m自由形
男子1500m自由形優勝
 
本多 灯 日大藤沢高校
FBインター
男子200mバタフライ優勝
男子400m個人メドレー
 
牧野 紘子 東京ドーム
早稲田大学
女子100m・200mバタフライ
女子200m個人メドレー優勝
 
松田 健志 富士通 男子200m個人メドレー  
溝畑 樹蘭 コナミスポーツ
明治大学
男子200m自由形
男子200m個人メドレー
 
三井 愛梨 横浜サクラスイ
ミングスクール
女子100mバタフライ
女子200mバタフライ 中学生の部 優勝
 
宮坂 倖乃 コナミスポーツ 女子50m・100m・200m平泳ぎ
女子4×50mメドレーリレー優勝
KONAMI OPEN 2019
 女子200m平泳ぎ 高校生の部 優勝
宮本 一平 スウィン大宮ス
イミングスクー

法政大学
男子200m個人メドレー優勝
男子400m個人メドレー優勝
KONAMI OPEN 2019
 男子200m平泳ぎ優勝
矢島 優也 全日空商事 男子100m・200mバタフライ  
栁川 大樹 SPホウトク金沢
日大藤沢高校
男子200m背泳ぎ
男子100mバタフライ
 
山口 観弘 志布志DC 男子100m・200m平泳ぎ  
吉田 惇哉 日本大学 男子400m・1500m自由形  
渡部 香生子 JSS 女子100m平泳ぎ
女子200m平泳ぎ優勝
KONAMI OPEN 2016
 女子100m平泳ぎ優勝
渡辺 隼斗 自衛隊 男子50m・100m・200m平泳ぎ  
(五十音順)

大会概要

大会名称
第36回コナミオープン水泳競技大会
KONAMI OPEN 2020
期日
2020年2月15日(土)~2月16日(日)
会場
東京辰巳国際水泳場
東京都江東区辰巳2-8-10
主催
コナミオープン水泳競技大会実行委員会
主管
公益財団法人 東京都水泳協会
公認
公益財団法人 日本水泳連盟
後援
スポーツ庁
東京都
一般財団法人 上月財団
特別協力
株式会社テレビ朝日
特別協賛
コナミグループ
放送
BS朝日
第36回 コナミオープン 水泳競技大会
一般財団法人[非営利型]上月財団は、コナミホールディングス株式会社の創業者で代表取締役会長を務める上月景正によって設立され、35年以上にわたるあゆみを通して、スポーツ・教育・文化の振興と発展、並びにより良い社会の形成等、公益の増進を目的とする事業を展開しています。
[ スポーツ団体・競技大会助成事業に戻る ]