2021年10月5日

上月財団「クリエイター育成事業」認定者 佐伯一さんの漫画「兄貴が嫌い」が、9月25日発売の「週刊少年サンデーS増刊 11月号(別冊ふろく「サンデーmini」)」に掲載されました。

別冊ふろく「サンデーmini」には、4人の新鋭作家が描き上げた至高の読切が掲載されています。佐伯一さんの「兄貴が嫌い」は、お互いを思いつつも気持ちがすれ違う兄弟を描いた作品で、心温まる感動のクライマックスが待っています。

2020年に「パラダイムシフト」で第87回小学館新人コミック大賞〈少年部門〉佳作を受賞し、3月に発売された「週刊少年サンデーS増刊 5月号」では桃太郎をテーマに描いた「英雄たる所以」を発表、今後が期待されている新人のひとりとして目覚ましい活躍をみせています。

佐伯一さんからは「この度、読切が掲載されることになりました。これからもご支援を生かして頑張ります。よろしくお願いいたします。」とのメッセージが寄せられました。

一般財団法人上月財団は今後も、デジタルアーティスト・イラストレーター・漫画家などのクリエイターを目指す若い方たちを支援していきます。

兄貴が嫌い
兄貴が嫌い
©佐伯一/小学館
週刊少年サンデーS増刊 11月号
週刊少年サンデーS増刊 11月号
©小学館

少年サンデーS増刊
https://websunday.net/sunday_super/new/
一般財団法人[非営利型]上月財団は、コナミホールディングス株式会社の創業者で代表取締役会長を務める上月景正によって設立され、35年以上にわたるあゆみを通して、スポーツ・教育・文化の振興と発展、並びにより良い社会の形成等、公益の増進を目的とする事業を展開しています。
[ クリエイター育成事業に戻る ]