2019年6月12日

一般財団法人[非営利型]上月財団は、「スポーツ団体・競技大会助成事業」の一環として、2019年5月30日(木)から6月2日(日)まで東京辰巳国際水泳場で開催された「ジャパンオープン2019(50m)」を後援しました。

本大会は、競技会強化のコンセプトのもと、日本代表選手と次世代のジュニアスイマー達が一堂に会する大会で、7月に開催される第18回世界水泳選手権大会(韓国・光州)と、8月に開催される第7回世界ジュニア水泳選手権大会(ハンガリー・ブダペスト)の代表選手選考会を兼ねています。

本財団がこれまでに支援を行ってきた「スポーツ選手支援事業」認定選手が出場し、青木智美選手(自由形)、青木玲緒樹選手(平泳ぎ)が、世界水泳選手権大会の日本代表に追加で選ばれました。
その他の種目を含む大会結果につきましては、公式サイトをご確認ください。

一般財団法人[非営利型]上月財団は、本大会の後援を、2008年度から行っており、今回で12回目となります。
本大会の後援を通じて、水泳競技の更なる発展につながることを願っています。

大会概要

大会名称
ジャパンオープン2019(50m)
期日
2019年5月30日(木)~6月2日(日)
会場
東京辰巳国際水泳場
東京都江東区辰巳2-8-10
主催
公益財団法人 日本水泳連盟
主管
公益財団法人 東京都水泳協会
後援
一般財団法人 上月財団 ほか

一般財団法人[非営利型]上月財団は、コナミホールディングス株式会社の創業者で代表取締役会長を務める上月景正によって設立され、35年以上にわたるあゆみを通して、スポーツ・教育・文化の振興と発展、並びにより良い社会の形成等、公益の増進を目的とする事業を展開しています。
[ スポーツ団体・競技大会助成事業に戻る ]