2018年7月25日(水)、東京ミッドタウンに於いて、第15回「クリエイター育成事業」二次選考会が開催されました。

本年度も、デジタルアーティスト・イラストレーター・漫画家などを目指している、全国のクリエイター志望の応募者219人から、デジタルや手書きで制作したイラスト作品や漫画作品が寄せられ、一次選考を通過した48人が二次選考会に臨みました。

二次選考会では、当日発表されたテーマに沿って作品を制作する実技審査と面接を行いました。

株式会社手塚プロダクションの松谷社長をはじめ、漫画家のくらもちふさこ先生、アニメーションの分野で幅広く活躍している 東京藝術大学大学院 映像研究科 伊藤有壱教授らで構成される選考委員により、厳正な選考を行い、合格者30名を決定しました。

選考結果の発表に先立って、東尾選考委員長から挨拶があり、二次選考会参加者へ、今後の活躍を期待する、激励の言葉を贈りました。

続いて、松谷選考委員による講評の後、選考結果が発表され、東尾選考委員長が認定書を授与しました。

合格者には、財団より一年間、助成金として年額60万円を交付します。

また、この日、これまでに「クリエイター育成事業」で支援し、現在プロとして活躍している方々の作品を展示したほか、「グラシュロス」や「神さまの言うとおり」「神さまの言うとおり弐」を連載され、漫画家としてご活躍中の藤村緋二先生による、特別対談が行われました。

会場の皆さんは、藤村緋二先生のお話に熱心に耳を傾け、質疑応答では、多くの質問が寄せられました。

一般財団法人上月財団は今後も、デジタルアーティスト・イラストレーター・漫画家などのクリエイターを目指す若い方たちを支援していきます。

助成対象者(30名)

飯田 詩織
石川 南美
大谷 彩絵
小形 朱嶺
小川 和泉
小野寺香奈
勝部沙也奈
門脇 康平
上運天ゆりの
木村くるみ
木村 風太
日下部裕平
工藤 夏鈴
藏𠩤 尚美
児嶋さくら
小原 好晶
重田 知美
島谷 愛佳
白駒 多央
関田 楓華
十亀  純
髙川眞梨子
立川 かな
玉谷こゆき
西尾 侑夏
萩原 結花
福山  凜
松田 拓也
三谷有希乃
山崎  蛍
実技
(実技)
ご挨拶
(ご挨拶)
講評
(講評)
認定書授与
(認定書授与)
記念撮影
(記念撮影)
特別対談
(展示)
特別対談
(特別対談)
[ クリエイター育成事業に戻る ]